炭酸水を自宅で作る

最近なにかと話題の炭酸水。情報番組などでも取り上げられるほどその人気は高く、多くの人が飲用しているようです。そもそもなぜ炭酸水が体にいいのかというと、体内の酸素の供給量が増やせることと、血管を拡張して血流をよくするためなのです。

そんな健康によい炭酸水はスーパーやコンビニなどで手軽に購入できます。500mlのペットボトルで100円しないなど低価格で購入できますが、毎日飲用するとなると、それなりにコストがかかりますし、ペットボトルの空容器がたまってしまいます。そんな方に朗報があります。それは自宅でも簡単に炭酸水を生成できるのです。最も手軽にできるのが重曹とクエン酸を使った方法です。用意するものは水500ml、重要小さじ1、クエン酸小さじ1だけです。これらを混ぜて完成です。これならなんと1回6.5円で作ることができるのです。重曹もクエン酸も食用のものを用いれば飲用にも使えます。飲用に使用する場合、そのまま飲むと独特の苦味があるので、レモンなどを加えるといいでしょう。

もっと本格的に自宅で炭酸水を生成したいなら、家庭用のソーダメーカーが販売されています。元々欧米では家庭に普通にあるキッチンアイテムでしたが、高圧ガスを使用するため、日本では法の規制で家庭用の商品は無理でした。それが規制緩和によって可能となり、日本でも販売されるようになったのです。仕組みを簡単に言うと炭酸ガスを噴射して水に溶かすだけです。機械に電源はいらず、炭酸ガスのボンベをセットするだけです。炭酸ガスがなくなれば取扱店で所定の料金を払って交換することになるので、ソーダメーカーを購入したらそれでずっと炭酸水が作れるというわけではありません。ただ、1本の炭酸ガスでかなりの量が作れるので、毎日できたての炭酸水をふんだんに使用する人には向いている商品と言えます。

自宅で手軽に作りたいなら、水、重奏、クエン酸を混ぜたものが、本格的に楽しみたいならソーダメーカーを購入して生成するのがいいでしょう。