お風呂に炭酸水を混ぜると肌にいいらしい

お風呂に炭酸水を混ぜると肌にいいらしいといううわさは本当です。ただし、お風呂に炭酸水をそのまま入れても炭酸が薄まってしまい、思うほどの効果を得られないという欠点があります。

自宅のお風呂で炭酸風呂を楽しみたいのであれば、炭酸ガスの入っている入浴剤を使ったり、重曹とクエン酸を使って入浴剤を作ったほうが効果的です。

食品グレードの重曹とクエン酸を混ぜるだけで、炭酸風呂にすることができます。

重曹大さじ2に対し、クエン酸は大さじ1の割合で混ぜておき、湯船に入る直前にお湯に入れれば炭酸風呂にすることができます。

炭酸水を使う場合には、湯船に混ぜてしまうよりも直接、体につけて利用したほうが効果的です。

例えば頭皮を綺麗にしたいときには、頭皮に炭酸水をスプレーして馴染ませておきます。その後、シャンプーを炭酸水で泡立てて洗髪します。

頭皮の血行もよくなりますし、汚れも落ちやすくなります。洗顔でも、洗顔料を炭酸水で泡立てることで同じように血行促進と汚れを落とす効果を得ることができます。

汚れを落とす効果がありますので、すすぎに使うことですすぎ残しを防ぐこともできます。炭酸水を買ってきて利用するのも良いのですが、自宅まで持ち帰るのも大変ですし、お金もかかります。

その点、重曹とクエン酸を使って自宅で作る方法であれば、費用も抑えることができますし、持ち帰るのも楽です。保存もききますので、重曹とクエン酸を用意しておいて、必要に応じた使い方をすると良いです。

入浴剤として利用したいときには、天然塩や好みのエッセンシャルオイルを加えて自分好みの入浴剤を作ることもできます。

重曹大さじ2に対し、クエン酸は大さじ1のなかに片栗粉大さじ1を加えてバスボムも作ることも可能です。

混ぜ合わせたものに水を一滴ずつ加えて適度な固さにします。固められるようになったら、形を整えて乾燥させます。お風呂を炭酸風呂にすれば、全身を炭酸水でケアすることができます。